日本評論家協会-第2ちゃんねるセカンドサイト!
日本評論家協会の第2ちゃんねるのセカンドサイトです。 ここではより深く、より幅広く、事象を、評価、批評、批判、評論させて頂きます!
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルペンスキー評論家・・・猪谷千春評論家編
アルペンスキー評論家・・・猪谷千春評論家編

アルペンスキーといえば、まあアルプスが起源だからこそ、
アルペンであって、まあ基本的には、いわゆるスイスフランスイタリアと言うことになる。
そんなアルペンに衝撃が走ったのは、
トリノオリンピックの皆川賢太郎氏でもなく、岡部哲也氏でもなく、木村公宣氏でもなく、ましてや佐々木明氏でもない。

それは、みんなが知ってるコルチナダンペッツォオリンピックということになる。
そうです、猪谷千春が回転で銀メダルをとったのです。
さすがに当時の状況を覚えていないし(生まれていない)、聞いた事もないが、
それはもう、世界中に衝撃が走ったことだろう。
そう夏季オリンピックの水泳の自由形で、
スリナムのネスティーが金メダルを取ったこと以上に衝撃的だったはずである。

確かに日本は、実は戦前から、既に先進国であった。
だからスキーのような金のかかるスポーツをやることも、十分に可能性はあった。
戦前からアジア唯一の帝国主義国家であるし、
戦争でロシアに勝ったこともあるし、
太平洋戦争で負けて、一気に貧しくなったものの、
先進国としてのスポーツの土壌はあったことは確かだと思う。

また、当時から、貧富の差こそあったものの、上流階級は確実に存在していたし、
現在のアフリカ諸国に比べても、もう既に十分なスポーツが出来る環境にあったといえる。

とはいえ、昭和31年、まだ海外旅行は自由に出来る時代でもなく、
東京オリンピックは8年も先のことである。
リフト付のスキー場があったかどうかさえ疑わしい。
そんな中での銀メダルである。

当時、猪谷氏は、なんと北アルプス、つまりは飛騨山脈の山奥で、
毎日1人でスキーをしていたそうだ。
それも毎日のように、スキーの板を担いで登山のように山を登り、
帰りにスキーで滑ってくるの繰り返しだったそうだ。
滑降ではなくて、回転ですよ。回転!
当時は山奥で、子供ながらに、熊のような格好で、熊のように生活していたとか・・。
さすがに良く知らない(笑い)が・・。

まあ北アルプスの山奥を1人で走っていたという意味では、
長野県池田町の出身で、かつての、名マラソンランナー中山竹通と一緒だろう(笑い)。

とにかく、昭和31年に、リフトも無いような山奥で1人で滑っていた猪谷千春氏が、
遠くヨーロッパまで行って、銀メダルを取って来た事は、奇跡に等しい事は間違いない。
世界中に、衝撃が走っただろう!
昭和31年と言ったら、長野県人は元より、
日本人は大抵、質素な食べ物で、質素に生活していましたよ。
まあ卵とかは、長野県は割と鳥小屋が多いので食べれただろうけど、
肉とかは、あんまり食べられなかったはずである。

そんな体格で、ヨーロッパ系の肉団子のような、
肉の塊が骨太でムキムキな選手に勝つなんて、
本当に有り得ないことである。
190cmで100kg位ある選手がスキーで降りてきたら、
スピードでは絶対に勝てない。
どうやったら勝てるのか、本当に聞いてみたいところだ。

冬季オリンピックは、スキーやリュージュなど、体重系のスポーツが多いので、
実は長い冬のある日本と言えども、一概に有利とは言えないが、
皆川氏はおしかったなあ。




スポンサーサイト
07年箱根駅伝で思うこと。今井正人すごかった!
07年箱根駅伝で思うこと。

今年は、名門順天堂大学が、キャプテン今井正人の活躍で、
往路復路そして総合優勝した。

だけで、よくよく考えてみると、
順天堂は、復路の順天堂といわれていて、
基本的には、復路に強い学校である。
ところが、何故にこうなったのか?
それはやはり山の神、宇宙人今井正人のおかげでしょう。
3年間山を引っ張ったのは大きいいね。

そして、今年は、記念大会ではないのに、
20校の出場となった。
今までは、15校の出場で、9校がシード校で、6校枠が予選会からの出場となり、
75回とか、80回の記念大会のみ、20校の出場が可能となる。
これは都大路の高校駅伝でも同様のスタイルをとっているが、
今年は5回ごとの記念大会でもないのに、
20校の出場となり、10校がシード校で、9校が予選会からの出場、
そして1枠が関東学連選抜チームとなった。

これはたぶん、近年の箱根の人気は凄まじいものがあるからね。
予選会にも、40校以上が参加しているようだ。
それが、予選会からは、わずか6校しか出場できないからね。
強い要望があったんでしょう。

以前は、山梨学院のように、鶴見中継所からタスキが繋がらず、
ずっと繰上げスタートするような、実力がかけ離れた大学が存在したが、
最近では、その人気が拡大し、
箱根駅伝に出るために、関東において、箱根駅伝に出やすい学校へのシフトもあって、
予選会から出る大学でも、大きな実力差が生まれる事は少なくなったからね。

あと、気付いていない人もいるかもしれないけど、
箱根駅伝は、大学3冠の1つではあるが(いやむしろ大学駅伝の世界で最高峰の試合だが)、
良く見れば分かるが、関東の大学しか参加できません。
中京大学も、同志社大学も、立命館大学も、東北福祉大学も、
出場する事はできません。

関東学連の主催の大会だからですが、
関東しか出られないのに、大学3冠(いや、大学1冠の最高峰のタイトル)の1つに入っている。
これは、凄いことだし、良く考えると笑える。
関西の大学は、永遠に大学3冠のタイトルを取る事はできないのだ。





こんにちは!
こんにちは!
この日本評論家協会-第2ちゃんねるセカンドサイト!は、
日本評論家協会の中で取扱いが出来なかったこと、
それ以上に評論すべきこと、
など、
より深くより幅広く評価評論したいと考えております。

また、第一サイトのあるDobologが、
意外と工事中が多く、アクセスがしにくい時が多々あり、
非常に使い勝手が悪くなっているのも現実です。

そこでこの第2サイトとも言える、
日本評論家協会第2ちゃんねるにて、
評価評論を行いたいと思います。





FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

hyoron

Author:hyoron
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。