日本評論家協会-第2ちゃんねるセカンドサイト!
日本評論家協会の第2ちゃんねるのセカンドサイトです。 ここではより深く、より幅広く、事象を、評価、批評、批判、評論させて頂きます!
06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経社員のインサイダーは起こるべくしておこった。
日経社員のインサイダーは起こるべくしておこった。

日本経済新聞の社員が株式のインサイダー取引で逮捕されたが、
これは氷山の一角でしかないし、
これについては、
もっとしっかりと取り締まって欲しい。

私は、福井総裁の問題などは、
全くどうでも良いことなので、それほど気にもならないのだが、
この日経社員の優位性については、
しっかりとした倫理観をもって業務に携われるように、
ルール化をし統制を行なって欲しい。

何故なら、これは決算等の公告の記事だけではなく、
日経には、日経平均というインサイダーの塊のようなものも抱えているからだ。
日経平均は、たびたび銘柄の入れ替えを行なうが、
それが事前にどのように漏れるのか、非常に心配である。
入れ替えによる騰落は、
様々な思惑が入り乱れ、それこそインサイダーの塊のようなものだから、
これらを制御する、内部統制システムは必要となろう。

そのような意味では、
公告記事の作成と発表の部門、
日経平均に関わる部門、
その他の株価の形成に影響を与える部門は、
日本経済新聞社からは独立し、
東京証券取引所や各証券会社の出資も受けて、
別会社を作るべきではないだろうか?

そしてその別会社では、
社員やその家族には、一切の株取引を禁じ、
インサイダーどころか、
そのように疑われる経済取引からの隔離をすべきである。

これは、不満も出るだろうが、
そのような職務に着く人なのだから仕方がない。
紙幣を印刷する人、造幣局の人、裁判所の人、銀行の人、
様々な業種において、その業種特有の様々な制約を受けて、
人々は生活している。
だからそれは当然に仕方がないものとして、認識し、
統制できるシステムを構築するべきである。

スポンサーサイト
パロマの事故に見る自己防衛の大切さ!
パロマの事故に見る自己防衛の大切さ!

パロマの事故を見て思うのだが、
もちろんパロマ側の無責任さは、
罰せられるべきだし、許されるべきではない。
でも、我々ももっと自己防衛して注意していれば、
こんな事故にはならなかったし、
全ての人が、パロマばかりに、責任をなすりつけるのは、
さすがに意味が分からないし、私は反対である。

そもそも、一酸化炭素中毒と言うのは、自己防衛すべき側面も持っていると思う。
私などは、最初からガス湯沸し気に対し、強い不安を持っているので、
そんなマンションに住むこと自体がないのだがね。

私は、実は学生時代から、ひとり暮らしで、
アパートやマンションは7箇所くらいに、住んでいたけど、
一箇所たりとも、ガス湯沸し機があったところはないですね。
というか、アパートの下見の段階で、ガス湯沸し機のところは、
全て候補から外していました(笑い)。
だから、全てのアパートには、
電磁調理器や電気温水のユニットバスが付いていました。
でも、これは、私にとっては、当たり前のことなんですよね。
だって、ガス湯沸し機が怖かったから・・。
そんなリスクのあるアパートには住めない・・・。

基本的に、
自己防衛やリスクヘッジは重要なことだと無意識に考えていました。
だから80年代、90年代に、
ガス湯沸し機から一酸化炭素が事故で発生するなんて事は、
新聞に良く載っていたし、当然にありうることだから、
そんな危険と隣り合わせのガス湯沸し機なんて、
そもそも使わないよ。

いくら精度を上げて、いくらナノテクノロジーで作っても、
しょせんは、ガス湯沸し機だから、
絶対に事故をゼロにすることなんて出来ないのだ。

また、ガス湯沸し機は安全と反論する人もいるけど、
何事も完全と言うものはないことですからねえ?
特に湯沸し機が不安なのは、
誰でも触れるようなところ、食堂やキッチンに立てかけてあるのが普通なので、
それが、凄く怖かったんですね。

だって、もしも酔っ払って家に帰ってきて、
たまたま湯沸し機にぶつかって寝てしまったら、
その際に、安全装置が外れてしまっていたら、だれが責任取るの?

もしも湯沸し機のレバーを逆に回して壊した時に、不完全燃焼が起きたらどうするの?

もしも湯沸し機の燃焼中に、地震が起きたら・・・。
もしも燃焼中に、機械の中にゴキブリなどのムシが入ってしまったら、

電気温水器や電磁調理器では、
それらが起きても、不完全燃焼で、自分が死ぬ事はないけれど、
湯沸し機は、どうなるか分からんからね。
だから、最低限の自己防衛をしないとね!
プロ野球オールスターゲームは、つまらなくなったのか?
プロ野球オールスターゲームは、つまらなくなったのか?

結論を言えば、つまらなくなった訳ではない。
むしろ面白くなってきている。
じゃあ何が変わったのか?

それは趣味の多様化による、野球ファンの減少に他ならない。
私は今回のオールスターも十分面白かった。

スポーツ新聞で、不思議な記事を見た。
最近のオールスターゲームは、
真剣勝負がなくなったから、面白くなくなったとのこと・・。
この解説者、本当に分かっているのかなあ。?
それも適度に真剣であれば面白いのだが、やりすぎ、真剣すぎはつまらなくなる。
公式戦ではないのだから、ある程度エンターテイナーでも十分である。

この解説者は、
昔は、張本勲氏とか、怖い重鎮が沢山いて、
とてもじゃないけど、真剣にやらないと怒られそうだし、
ベンチだってまともに座ってられなかったって!

本当にこの解説者独りよがりです。

そうです、そんな緊張感なんて、
テレビ見てる我々になんか、全く分からないし、関係ないのよ。
球場に行ったって、プレーを応援するんであって、
プロ野球選手同士のイス取りゲーム(笑い)なんか興味無いのよ。
こういう勝手な解説者がのほほんと解説しているから、
ゲーム見てても面白くなくなったんじゃないの?

公式戦はそれこそ、一生懸命戦えば良いし、
オールスターは、そもそもスター軍団で、
緻密な野球や、サインだって一切使えないし、
何も出来ない状況なんだから、
打つか打たないかしか出来ないわけよ・・。

だから選手のイス取りゲームの解説なんてどうでもよいから、
新庄の動きを見せてくれと言う感じ。
新庄の電光掲示板はいいアイデアだし、
森本の被り物も、まあオールスターならいいじゃん。

あ、もちろん、真剣にやりたい人はやれば良いよ。
つまりは、それぞれが、オールスターに対するスタンスがあって、
それぞれ違うのだから、自分が好きなようにやれば良いんだよね。

清原がガチンコ対決するのだって、それはそれであって、
新庄のパフォーマンスもそれはそれであって、
楽しいオールスターをやればいいんだよ。
そうすれば、観客は自分から見に来るのさ。


こんにちは!
こんにちは!
この日本評論家協会-第2ちゃんねるセカンドサイト!は、
日本評論家協会の中で取扱いが出来なかったこと、
それ以上に評論すべきこと、
など、
より深くより幅広く評価評論したいと考えております。

また、第一サイトのあるDobologが、
意外と工事中が多く、アクセスがしにくい時が多々あり、
非常に使い勝手が悪くなっているのも現実です。

そこでこの第2サイトとも言える、
日本評論家協会第2ちゃんねるにて、
評価評論を行いたいと思います。





FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

hyoron

Author:hyoron
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。