日本評論家協会-第2ちゃんねるセカンドサイト!
日本評論家協会の第2ちゃんねるのセカンドサイトです。 ここではより深く、より幅広く、事象を、評価、批評、批判、評論させて頂きます!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立高校の未履修による単位不足問題からみる高校時代の思い出。
公立高校の未履修による単位不足問題からみる高校時代の思い出。

最近、公立高校で、必要な科目を受講せずに、
履修単位が足りず、卒業ができなくなると騒いでる高校がある。
でも、これは本当に失礼な話だよ。
真面目な高校に失礼だし、真面目な高校の生徒に失礼だし、
救済策なんて、絶対にやるなよ!
と言いたいところである。

そういえば、振り返ると、
私もそういう場面があった。
確か中学か高校の頃には、
単位に絡んでいろんなことが起きていた。
どれもこれも、未履修問題を生じさせない為である。

まず、中学3年か高校3年のことだったかなあ・・。
なんと学年末の3学期だけ、家庭科の授業を行なったのだ。
先生に理由を聞くと、
今年から学習指導要綱が変って、家庭科を数単位取らないと卒業できないとのことだった。
なんでも、今までは、家庭科は女性だけが取ればよかったけれど、
今年からは、男女共同参画だかなんだかで、
男性も取らないといけないとのこと・・・。
そんな訳で、しっかりと勉強してました。

あと、高校の社会だけど、
うちの高校は、1年2年は、なんと、ずっと世界史・・。
中学で習わない世界史を2年間もやるんだよ。
効率悪い・・・。
日本史か地理で受験するつもりだった私にとって、最悪の授業展開。

そして、3年になると、ようやく日本史か地理を選べる・・。
これは、まさに、今はやっている未履修の問題とそっくりだね。
ほとんどの高校が、世界史の単位が足りなくて困っているけど、
俺なんか、2年間も必修の世界史をやって、
それから選択必修の日本史を受けたから、単位こそ取れたけど、
本当に酷い目にあったよ。

せめて2年生までに、日本史か地理をやっていたら、
3年の世界史の授業中に日本史の勉強をするとかの内職をして(笑い)、
受験にそなえられたから、
もっと行きたい大学にいけたのになあ・・・。

得意の日本史も地理も、3年生の選択だったので、
1年間しか勉強できず、第2志望の大学にしかいけなかった。
1、2年の世界史のなんと無駄なことか・・。
もちろん知識としては無駄とは言わないが、
受験にとっては無駄だから、それを2年間もやらされたことは、
受験にとっては厳しい状況に追い込まれたものだ。

だから、それを考えてみても、真面目にやっている高校生が迷惑なので、
救済策をやって欲しくは無い。
世界史を受けない分、日本史や地理の勉強ができて、試験対策はばっちりなのだから、
真面目な生徒が圧倒的に不利である。

私は、自分がどうのこうのということもそうだが、
正直者が馬鹿をみる今の制度は気に入らない。
私のように不幸な人間を増やすだけである。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hyoron.blog57.fc2.com/tb.php/25-e91467c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

hyoron

Author:hyoron
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。